FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

バッティングセンターいきたいな


 
こないだから、小2になった次男とキャッチボールはじめました。
といっても、まだまだまともなキャッチボールにはなりません(笑)
でもたまにいい球投げてきます。
「バチーン!」、いい球がミットに入った時のあの音がすげー好きです。
 
さて、22日に本番モードでセットしたSLデジケースも1週間が経過しました。
卵が確認できているケース、まだ確認できていないケースと様々です。
中には1週間を過ぎてから急にボコボコ産みを確認してるのもあります。
やはり、せっかく中身がまる見えなので、ちょこちょこ観察しながら、それぞれのケースの状態に合わせて♀の切り上げ時を決めてやるのもいいかもです。
私は産みを確認している♀確認していない♀問わず、ケースをチェックした時に菌床の上に遊びに出ている♀は、♀が歩き回っていない手つかず状態のきれいな菌床部分にまた新しい穴をあけ、すかさず投入しています(笑)
またケース内の片側ばかりに偏って産んでいる(動いている)場合なども同様です。
どうせなら、ケース内をあますところなくフル活用して、万遍なく卵を産んでほしいですからね(笑)
これが案外思った通りいくことが多いです。
 
と、本番前にセットしていた4/3に紹介した2ケース(防ダニ(針葉樹)マット使用)、4/6に紹介した2ケース(ナラオガ粉(広葉樹マット)使用)+未紹介の1ケース(防ダニマット(針葉樹)マット)のお試し産卵セット計5ケースからは無事幼虫が確認できました。
防ダニマットに続き、ナラオガ粉マットでも上に敷くマットに関係なく、♀は産むし、幼虫も普通に孵化してくれるようです。
とくに心配していたマットによるカビもありませんでした。
※画像は省略しますが、先日カッコー店長には画像付きで報告済みです。
 
それとSLデジケースですが、ケースの側面に卵が確認できていない場合や、産卵座の形跡はあるけど肝心の卵がみえないという場合がありますが、ちゃんと産んでいることもあります。

 
↑画像のケースですが、4月6日〜16日まで10日間セット、その間ケース側面に卵がひとつも確認できないでいました(産卵座らしき形跡はあり)。
まぁ材でいうところの空砲かな???てな感じで、たぶん幼虫は採れないだろうとケースから♀を抜き、半ばあきらめモードで管理していましたが、4月27日に突如幼虫を確認しました。
今日ケースを確認したら、ノーマークだったところからも幼虫が出てきていて、底に確認できているだけで5頭いました。
こんなこともあります。
 
この♀527ですが、ケースから抜いたそのあしで即♂843と再ペアリングさせていました(笑)
そう、しなくていい再ペアリングです(笑)
幸い、再ぺ中の事故もなく、今は2セット目のデジケースで頑張ってくれているからいいですが(笑)
うーん、やはり焦ってはダメですねー(笑)
 
画像のケースの幼虫は大きさからもそろそろ割出しおkです。
お試しの5ケースは近く割出しします。
 
というわけで、今シーズン自己ブリ親虫♂7頭のうち現時点で、
 
幼虫が確認できてる♂
843(2012年2番No.7)
851(2012年4番No.10)
852(2012年7番No.3)
808(yasukongさんから 871×547)
 
卵は確認できている♂
835(2012年3番No.15)
 
まだ卵が未確認の♂
835(2012年3番No.1)
847(2012年6番No.7)
 
といった状況です。
さて最終的にどうなるかな。
 
明日また24ケース届きますので、今週中に2回転目いきます。
スポンサーサイト

| 2014ブリード 能勢YG | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dragonheat.blog59.fc2.com/tb.php/87-309b736d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。