FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

2012シーズン最高傑作

7月になりました。
そろそろメロン食べたくなってきました。
 
さて、7月の一発目。
おそらく、わが家の2012シーズン最大羽化サイズとなるだろう個体の紹介です。
この個体は昨年何度か紹介したボトル1本目で39.1gをマークした幼虫クンで、2012年7番(親虫♂80.1㎜×♀50.4㎜)の管理No.3の個体です。
先月、無事ド完品で羽化してきてくれましたので紹介します。
「最高傑作」というのは人それぞれだとは思うんですが、
まちがいなく、この仔は2012シーズンの…
 
私の最高傑作です!

 
 

 
 

 
2012.6/29 ⇒ 10/11 39.1g ⇒ 12/28 38.9g ⇒ 2013.3/28 36.0g暴 ⇒ 6/㊤羽化
 
データのとおり、3月末に温度を上げちょうど1ヶ月目くらいで暴れで交換しています。
交換する2日前の夜から動きがあったのは確認していましたが、丸2日間ギリギリまで様子をみていました。
もちろん3本でそのまま羽化してくれるのがもちろん良かったのですが、交換時、交換後もなぜかそんなに悪い印象を受けなかったことを記憶しています。
 
そして、はじめてノギスをあてた時は…やっぱり嬉しかったです!
正直に言うと幼虫体重から86、さらに87も期待していた仔だったので、その数字に達していないのを確認した時は、「あぁ~…」と一瞬なってしまったのはなってしまったんですが、それでもやっぱり嬉しかったんです。
特大個体を期待する半面、親虫♂♀のサイズがサイズですので無事に羽化するかどうか、羽化しても体重に見合わないサイズで羽化するんじゃないかというのも考えていたので。
でも、そんな心配をよそに、無事に、そして完品で羽化してくれました。
ほんと良かったです。
噛めば噛むほどじゃないけど、後から後から嬉しさが込み上げてきました。
今回、期待していた86、87には届かなかったけど、この個体が無事羽化してくれたことで次世代またステップアップ、チャレンジするチャンスはいただけたのかなと思っています。
来年、良い♀さんをつけたいです。
 
 
 
 
と、この仔の兄弟もギリ83くらいのが1頭と、82、81、80ミリ台だったかな?羽化しています。
というのも、他ラインも含め、この個体以外は一回パッとみただけなので、はっきりしたサイズを憶えていません(笑)
でも兄弟もすべてド完品でした。
同腹♀も3頭しかいませんが、♀はもっとみていなくて…(笑)
こちらもそれなりのサイズですべて完品羽化しています。
そして、この仔の親虫さんですが、親♂の80.1ミリは残念ながら昨年お亡くなりになっているんですが、実は親♀は今年も健在で、今年わが家で大活躍の店長のデジケース(神長さん)で産卵させています。
はたして今年はどうなるかな?
 
と、2012管理データをみていただければわかるとおり、このラインうちでは8頭しか飼育していません。
実はこのラインも作年3名の方に幼虫でお譲りしています。
お一人は本州の方で3頭お譲りしています。
♀3で14.6g、16.0g、17.0gと仰ってましたけど、その後そちらはどうですかー?
 
あとのお二人ですが…。
実は私の仕事のお客さん(まったくのド素人さん)にそれぞれ5頭づつお譲りしています(笑)
お譲りしたというより、正確にはちょっとオオクワブリードに興味があったお客さんに「オオクワかっこいいよ!子供も喜ぶし、いいからまずは幼虫飼育してみなよー!飼育?簡単、簡単♪」なんつって半ば押し付けたんですよねー(笑)
いや~どうせならちがうラインの幼虫プレゼントすれば良かったー(笑)
って、わからないものですね。
ね!みなさん(笑)
 
と、次回はちょっと先になると思いますが、また別ライン(841×513)からの羽化報告を予定しています。
このラインは前回の記事「2013年ライン」のyasukongさんの86.1ミリに種付けしていただいた♀51.0ミリ(早期羽化)と同腹のラインでもあります。
このラインは昨年幼虫でお譲りしたのは…あ!㊤ちゃんだけです(笑)
まあ、今日紹介した仔が最大個体になると思うので、サイズはそれよりも小さいんですけどね。
固まったらまたUPしたいと思います。
それでは、また。
スポンサーサイト

| 2012年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://dragonheat.blog59.fc2.com/tb.php/106-96c34e58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。