FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

百発百中!!!

今回もオープニングは
 
こじゆうマウスパッド

 からの~~
   よくみたら指先に…初令幼虫

 からの~~
アイスカップヌードルぅ~~

  チリトマトみたいな!(笑)
 
ども、です
昨日のお昼、アイスカップヌードル初挑戦しました!
これ、休みに食べてみようと思って楽しみにしてたんですよ(笑)
美味しいですね!
CMのとおり、麺もスープ冷たくても美味しいです!!
むしろ、私はどっちかというと、断然アイスのほうが好みです
でも、次はホットでいただきます(笑)
 
 
さて、わが家も産卵ステージの真っ只中です。
わが家は例年より早い時期から仕掛けていたこともあって、今シーズンの親虫に抜擢した♂の交尾能力♀の産卵能力を早い段階で確認できていましたから、その後はわりとスムーズにトントン拍子でここまで進められています。
 
今年は♀も百発百中で、セットした♀すべてから卵、幼虫が採れていて、幼虫は先週の時点で60頭ほどボトルへ投入しました。
まあ、百発百中といっても、うちはライン数も少なくて、百どころか十もない、実際は9♀しかセットしていないんですけどねー(笑)
 
 
現在も産卵セットフル回転フル稼働、どのケースの産卵木も♀によってフルボッコに齧られています(笑)
ちなみに、わが家期待のセンター841(866直仔2010yasukongさんA1)には選抜4♀をペアリングしました。
◎51.7ミリ(2010yasukongさんB1)
◎53.3ミリ(2010yasukongさんB2)
◎54.0ミリ(2010B団PGライン)
◎51.3ミリ(2010自己ブリ823同腹ライン
 
この4♀は並べて重ねてグループ置きしているんですが、その場所から時に凄まじいサウンド(齧り音)が奏でられています(笑)
この4♀には、ぜひともトントン拍子通り越して、
三・三・七拍子くらいのイキオイで引き続き頑張ってほしいです(笑)
 
 
同時に2011年のクライマックスも近づいてきています。
2011シーズンは暴れも多く、正直、産卵ほどトントンではないですけど、そんな中にもスムーズに最終ステージを迎えたのもいますので期待はしています。
♂は7月のあたまあたりから紹介できるかな。
 
飼育データのほうも更新サボっててすみません
昨年わが家の幼虫を購入していただいた方々からはご丁寧途中経過や羽化報告をいただいているにもかかわらず、自分はモタモタしてたら最終ステージまできちゃってました^^;
データは最後まとめてドーンと更新します。
ぶっちゃけ正直、2011年の飼育データ備考欄には暴れの文字の連発で公開するのも恥ずかしいくらいなのですが、まあそこは包み隠さずありのまま全公開します(笑
 
というわけで、本日はチリトマトカラーでお送りたしました。
最後までお付き合いありがとうございますw
それでは、またそのうちに!
 

| 2011年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

しっかりサポート

土、日で1本づつ、2本交換しました。
交換したのは前回の記事に引き続き866×528です。
 
No.4    9/10 28.7g ⇒12/10 31.2g

 
 
No.5    9/12 28.2g ⇒12/11 34.3g

 
No.5のほうは、パっと見のその雰囲気に思わず、
 「ハイ!37gUPいただきましたー!!」
 なーんて、フライングしちゃいました(笑)
 
さて、3本目への交換を終えた幼虫は、緊張感も徐々に高まってきますね。
 
とにかく、最後の最後、目ぇ一杯まで余す所なく楽しみたいので、このあともしっかりサポートしていきます。

| 2011年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

飼育データを更新しました。

2本目への交換をすべて終えましたので、飼育データを更新しました。
※一部アバレ等で、すでに3本目に交換しているものも数本あります。
 
 
こちらはアバレ等のトラブルなし、通常サイクルでの3本目への交換今シーズン一発目、トップバッターです。
 
866×528 管理No.1   6/12⇒9/10 28.0g

 
 
安心しました。
11月にぶっ倒れた温室、あの時の衝撃の影響はなかったようです。
近く、兄弟の2♂幼虫も交換します。
 
くりびつてんぎょのいたおどろ~な幼虫の出現に期待!(笑

| 2011年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

もうひとつの866直仔ライン

今日は(♂866×♀528)のボトル交換結果をUP、記録しておきます。
 
このラインの幼虫は㊤ちゃんからの里子で、㊤ちゃん所有の♀52.8ミリにyasukongさんの86.6ミリを種付していただいたという、これまたスペシャルなラインです。
 
管理番号12
 
 
 
管理番号14

 
 

 
 
画像の2♂は昨夜交換した幼虫です。
昨夜は4本交換して♂3♀1。
24.5gの♂もいたのですが、同じボトル、同じ日付の投入日、同じスペースに並べて置き、同じ温度での管理。。にもかかわらず、差が出てしまうとこが毎年不思議に思うところだし面白いところです。
後伸びタイプであってほしいですね(笑)
 
これで、このラインも2本目への交換が完了しました。
そうは言っても、はやいものは後10日もしたら3本目へ交換です。
すでに管理番号3の♂だけ3本目へ交換されてますが、これは例の温室がぶっ倒れた時の影響によるものです。あー思い出しちまった(笑)
 
来月の交換が楽しみです。
 

| 2011年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

ファクター

前回の記事では、866の標本(yasukongさん)を紹介させていただきました。
 
今日はその866の直仔幼虫(A1)と858の直仔幼虫(B1)の2本目へのボトル交換結果をUPします。
 
A1(3頭)とB1(3頭)、どちらも7月にyasukongさんより譲っていただいた幼虫達です。
 
そして、この6頭の仔は、昨年に次いで今年もわが家で採用の1本目1400㏄ボトル、こちらに投入しました。
投入期間は今年も4ヶ月前後です。
 
 
では、866直仔幼虫の交換結果からいきましょう。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 
 
次いで、858直仔幼虫です。
 

 
 

 
 

 

 
 
6頭は、ご覧のとおり1♂5♀でした。
ところで、その唯一の♂幼虫の写真なんですが、ほんの一瞬、スケールのデジタル表示が35.0gと34.9gの狭間をいったり⇔きたりしている瞬間を激写してしまったようで、見たことねぇ数字表示になってますが、公式記録は34.9gです(笑)
 
体重は、1本目終了のこの時点では♂♀ともに素晴らしい数字が並んでくれたと思います。
来年、成虫サイズでも同じように素晴らしい数字をずらーっと並べたいものです。
それで、翌年の2013年には、この1♂をこの5♀すべてにかけてブリードしてみるのも楽しそうです。
 

| 2011年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。