FC2ブログ

B団ギネコラ♂と852同腹♂

きのう、里子先へ旅立った83UPクン2頭です。
数日前に撮影、我ながらなかなかどーして格好良く撮れましたのでアップします。
ん?なにか?(笑)
 
まずは1頭目!
2012年8番B団ギネコラ(856×530)no.2

 
 
前回の記事でアップした37g幼虫の同腹兄弟クンです。

 
 
 
つづいて、2012年7番(80.1×50.4)no.2

 
 
今年羽化した852とは同腹兄弟で、あのラインで2番目に大きく羽化した仔です。

 
 
君達のブリードの成功を祈っています!
 

| 2012年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

羽化報告と4本目交換報告(笑)

ども、龍です。
わが家にはじめてyasukongさんの能勢YG血統がやってきたは2009年の7月です。
もう丸4年経つんですね。
今年の羽化は、個人的にちょっと嬉しくなる羽化がいくつかあります。
サイズに限らずね。
今日はそのひとつをUPしておきます。
前記事でも少し予告していたとおり、YG4番(841×513)からの羽化報告です。
 
親虫について少し。
このラインの親虫♂84.1ミリは2012年のブリードにおいて、わが家の『絶対的センター』な存在でした。
841についてはもう何度も書いていますが、2010年7月にyasukongさんから前ギネス個体866×866同腹♀のインライン幼虫を1頭だけ譲ってもらい翌年羽化した個体です。
841が幼虫でわが家にやって来てからも、もう丸3年経つんですよね~びっくりです。
841の飼育過程は今でもデータをみなくともはっきり記憶しているくらいです。
 
そして、親虫♀の51.3ミリは2010年の自己ブリードから羽化した個体です。
親虫は♂78.7ミリ♀47.8ミリです。
この親虫♀478こそ、冒頭で書いた2009年7月にわが家へはじめてやってきたYG個体(♂77♀47ペア)なのです。
ちなみに、♂787は翌月の8月にわが家にやってきました。
今では、そんなに大きくないとされるサイズのペアです。
翌年の同ペアの2010ブリードから羽化した♂の最大が82.3ミリ、♀の最大は51.3ミリでした。
この♀最大個体が親虫♀513です。
513は主観ですが、「これはいいんじゃないか」というスタイルをしていたので、迷わず841につけました。
 
前置きが長くなりましたが、
そんな、3年前に幼虫でわが家に来た♂と4年前にわが家に来たそんなに大きくないペアから生まれた仔。
そこから今年生まれてきてくれたのが。。。。
 
YG4番No.10

 6/11 S3 ⇒ 10/6 S4 33.9g ⇒ 1/2 S4 33.2g ⇒ 6/㊤羽化
 
 

 
なんかこういうのは嬉しいよな~。
たしかに時間はかかってるんだけど、3年、4年かけて少しづつ確実にサイズアップしていってくれてるのが実感できるみたいな。
まだ通過点ですが、今回サイズも親越えしてくれてるし、85UPもしてくれたしね。
いや、ほんと、嬉しいっす。
2012年の最高傑作です!(今年2回目なw)
 
と、この個体の同腹兄弟の羽化状況ですが、♂はこの個体を含め全部で10頭いて、そのうちの7頭は、、、
あ、ちょっとすみません、話の途中ですが、
もういっちょいくぞ~

 
話の途中に、さーせんw
思わずもう1枚貼っちゃいましたw
ベタベタ貼り付けちゃって、さーせんwww
 
で、話のつづきですが、♂10頭のうちすでに7頭は羽化、残り8月31日投入っていうのが3頭いるんですが、まだ幼虫やっています。
3頭とも蛹室っぽいのを作成してるようにみえますし、ガラス越しにみると大きくみえますが、どうでしょう?ガラス越しですからね(笑)
とにかく、来月にはキッチリ羽化してほしいです。
で、あわよくば、もういっちょ85UPしてほしいです。
 
すでに羽化している7頭ですが、6頭は80UPです。
85.1の他に82ミリ台が3頭、81ミリが1頭、
そしてもう1頭。
今日はこのラインのNo,2の個体もUPします。
 
YG4番No.7

6/11 S3 ⇒ 10/5 S3 34.3g ⇒ 1/1 OA 33.4g ⇒ 6/㊤羽化
 
 

 
No,2個体は84.2ミリでした。
この仔の大アゴは851にくらべると少し細めですが、母方(513)の祖父(787)によく似ています。
体表面もすごくきれいな個体です。
この仔は先日里子をお願いすることが決まりました。
私が絶対的信頼をおいている方ですので、心配はまったくしていません。
この仔のこと、よろしくお願いします!
 
 
と、一昨日の17日(水)になりますが、わが家へも里子がやってきました!
やっぱり今年2013年もyasukongさんからです。
 
YG80.8ミリ

 
やはり何度譲っていただいてもyasukongさんからの個体は嬉しいです。
そしてなにより楽しみがあります。
来年のブリードも親虫♂はほぼ85UPとなると思いますが、あえてこの個体をお願いして譲っていただきました。
すでに、この仔に対する私の思い入れも満タン入りました。
先日yasukongさんにも同じようにお伝えしたのですが、この仔をみていると次世代で大きく親越えしたこの仔の子供を私はすでにイメージできます。
 
といっても、、、決して私は預言者でも占い師でもなんでもないし、おかしな能力も一切もっていません、一応念のため(笑)
でも、イメージできちゃうんだから、しょうがない(笑)
もう言っちゃったし、言ったからには必ずでっかく育てます。
かなり早いけど、来年のブリードの楽しみのひとつです。
 
 
と、今日はネタがもうひとつ。
ひさしぶりの更新だし、またいつ更新するかわからないから、ブッ込めるだけブッ込んどきます(笑)
 
わが家ではまだ成虫になったのを確認できてない♂ボトルが、↑にも書いたYG4番の3頭を含め、全部で7本あります。
今朝、そのうちのなんともじれったい1本を思い切って交換しました。
すると、こんなの出てきました。

YG8番 B団ギネコラ ♂85.6ミリ×♀53.0ミリ no.5 
2012/6/27 1H
    10/13   S3 26.9g
2013/1/2    S5  34.9g
       7/19    S2  37.0g
 
おいおいおい、びっくりしたよー(汗)
逆に大丈夫か?と心配になりますね(笑)
このグラム数をみるとつい期待してしまうところですが、時期も時期ですので、この際サイズはおいといて、なにより今年のうちにキッチリ羽化してほしいです。
セミ、、、あかん!(笑)
自分も羽化させれるよう手を打ってみます。
この個体もすべて店長(神長さん)のボトルでリレーなんですが、3本目に使ったS5もうちではなかなか感触いいんですよね~そんなわけで今年は1本目から少し使っています。
ちなみに、このラインはガッタさんのところで85.1ミリが羽化しています。
わが家では、3本目34.8gだった管理No.2の個体が先月83.7ミリで羽化しています。
83.7も里子をお願いすることがすでに決まっています。
このラインもういっちょいっておきたいですね!
37gくんも85UPで羽化してくれないかなぁ~(笑)
 

| 2012年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

2012シーズン最高傑作

7月になりました。
そろそろメロン食べたくなってきました。
 
さて、7月の一発目。
おそらく、わが家の2012シーズン最大羽化サイズとなるだろう個体の紹介です。
この個体は昨年何度か紹介したボトル1本目で39.1gをマークした幼虫クンで、2012年7番(親虫♂80.1㎜×♀50.4㎜)の管理No.3の個体です。
先月、無事ド完品で羽化してきてくれましたので紹介します。
「最高傑作」というのは人それぞれだとは思うんですが、
まちがいなく、この仔は2012シーズンの…
 
私の最高傑作です!

 
 

 
 

 
2012.6/29 ⇒ 10/11 39.1g ⇒ 12/28 38.9g ⇒ 2013.3/28 36.0g暴 ⇒ 6/㊤羽化
 
データのとおり、3月末に温度を上げちょうど1ヶ月目くらいで暴れで交換しています。
交換する2日前の夜から動きがあったのは確認していましたが、丸2日間ギリギリまで様子をみていました。
もちろん3本でそのまま羽化してくれるのがもちろん良かったのですが、交換時、交換後もなぜかそんなに悪い印象を受けなかったことを記憶しています。
 
そして、はじめてノギスをあてた時は…やっぱり嬉しかったです!
正直に言うと幼虫体重から86、さらに87も期待していた仔だったので、その数字に達していないのを確認した時は、「あぁ~…」と一瞬なってしまったのはなってしまったんですが、それでもやっぱり嬉しかったんです。
特大個体を期待する半面、親虫♂♀のサイズがサイズですので無事に羽化するかどうか、羽化しても体重に見合わないサイズで羽化するんじゃないかというのも考えていたので。
でも、そんな心配をよそに、無事に、そして完品で羽化してくれました。
ほんと良かったです。
噛めば噛むほどじゃないけど、後から後から嬉しさが込み上げてきました。
今回、期待していた86、87には届かなかったけど、この個体が無事羽化してくれたことで次世代またステップアップ、チャレンジするチャンスはいただけたのかなと思っています。
来年、良い♀さんをつけたいです。
 
 
 
 
と、この仔の兄弟もギリ83くらいのが1頭と、82、81、80ミリ台だったかな?羽化しています。
というのも、他ラインも含め、この個体以外は一回パッとみただけなので、はっきりしたサイズを憶えていません(笑)
でも兄弟もすべてド完品でした。
同腹♀も3頭しかいませんが、♀はもっとみていなくて…(笑)
こちらもそれなりのサイズですべて完品羽化しています。
そして、この仔の親虫さんですが、親♂の80.1ミリは残念ながら昨年お亡くなりになっているんですが、実は親♀は今年も健在で、今年わが家で大活躍の店長のデジケース(神長さん)で産卵させています。
はたして今年はどうなるかな?
 
と、2012管理データをみていただければわかるとおり、このラインうちでは8頭しか飼育していません。
実はこのラインも作年3名の方に幼虫でお譲りしています。
お一人は本州の方で3頭お譲りしています。
♀3で14.6g、16.0g、17.0gと仰ってましたけど、その後そちらはどうですかー?
 
あとのお二人ですが…。
実は私の仕事のお客さん(まったくのド素人さん)にそれぞれ5頭づつお譲りしています(笑)
お譲りしたというより、正確にはちょっとオオクワブリードに興味があったお客さんに「オオクワかっこいいよ!子供も喜ぶし、いいからまずは幼虫飼育してみなよー!飼育?簡単、簡単♪」なんつって半ば押し付けたんですよねー(笑)
いや~どうせならちがうラインの幼虫プレゼントすれば良かったー(笑)
って、わからないものですね。
ね!みなさん(笑)
 
と、次回はちょっと先になると思いますが、また別ライン(841×513)からの羽化報告を予定しています。
このラインは前回の記事「2013年ライン」のyasukongさんの86.1ミリに種付けしていただいた♀51.0ミリ(早期羽化)と同腹のラインでもあります。
このラインは昨年幼虫でお譲りしたのは…あ!㊤ちゃんだけです(笑)
まあ、今日紹介した仔が最大個体になると思うので、サイズはそれよりも小さいんですけどね。
固まったらまたUPしたいと思います。
それでは、また。

| 2012年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

841×533=843

タイトルのとおり84.3ミリの羽化報告です。
 
この個体は2012年の2番からの羽化です。
このラインは昨年幼虫でお譲りした方が数名いらっしゃいますので、今日はこの場を借りて私からの結果報告とさせてください。
本当はお一人お一人にご連絡するべきところなのかもしれませんが、、、さーせん(笑)
 
2番は私のところでは今回紹介するこの仔が最大個体となりそうです。

 
親虫♂84.1ミリ×♀53.3ミリ No.7
5/18 S3  8/18 S3 31.6g  10/20 S4 28.7g  1/3 S5 33.4g   5 /㊦羽化 84.3㎜
                     

 
ド完品できれいな個体です。
そして、0.2ミリ親越えしました(笑)
サイズに関しては、ほんの少しですが前進できたので良しとしています。
来年、またあらたな可能性(組み合わせ)を求めてチャレンジです。
 
こちらはこんな感じです。
そちらはどうですか?
 
次回もまた同じく作年幼虫をお譲りした別ラインの個体を紹介予定です。
 
追記@8/4
No.1

 
5/18 S3  8/18 S4 29.3g  10/20 S4 29.1g  1/3 S4 33.1g   5 /㊦羽化 84.0㎜
 

| 2012年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)

てんちょ、自己新記録なのです(бвб)

今日もSL産卵デジケースを使用した産卵報告です 。
 
今回のセットの詳細は以下のとおりです。
親虫 YG♂81.5×50.3(早期羽化♀)
♀投入期間 5/12~5/18
割り出し日 6/8(総選挙放送後)~6/9深夜未明 ←実は眠くてよく覚えとらんw
 
結果から先に言うと、今回は6日間で27頭の幼虫が採れました。

 
一応、動画も撮りましたが、ダラダラ長いだけで非常にツマラン内容になってます。
はっきりいって7分も時間の無駄です。
それでもご覧になられるという方には、スタートから1分4秒くらいまで見て一旦停止、そのあとダーっと飛ばして6分40秒あたりから再生、ご覧になられるという視聴パターンがオススメで話が早いです(笑)
今回も撮影終了後に3頭追加です。
ま、なんにせよ、いつもどおりのクダラン内容になってますw
 
ちなみに、デジケースで27頭は自己最多記録です。
同時に、デジケースの割り出し時間7分はおそらく全国ワースト1位ではないしょうか。゚( ゚^∀^゚)゚。ギャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
にしても、デジケースでも材でも言えることですが、セットにハマった♀はめちゃくちゃ産みますね。
採りたいラインすべてが一発でこのくらい産んでくれるとホント言うことないんですが、なかなかそうすべてがうまくはいきませんね(笑)
引き続き、産卵ステージ頑張ります。
今日の報告はここまで。
 
 
一発撮りにはアクシデントがつきものなのです(бвб)(笑)

| 2012年ブリード 能勢YG血統 | コメント(0)