FC2ブログ

虫家管理組に負けるなよーρ(′▽`o)ノ゙ ファイトォ~♪

月曜~火曜の深夜にかけて、DG80系統の常温組、3本を交換しました。
♂っぽい食痕のボトルを狙って交換したのですが、運良く!?3本ともビンゴでした^^
このラインは、常温組、虫家組、すべて7/1投入ですので、明日の10/1でまるまる3ヶ月経過となります。

投入時は3ヶ月後が待ち遠しくて、待ち遠しくて、といった感じでしたが、月日が経過するのは早いものですね~



管理NO.4



♂20g→2本目 PIT1400ccへ


管理NO.5



♂23g→2本目 PIT1400ccへ


管理NO.6



♂25g→2本目 PIT1400ccへ


やはり、そう簡単には、大台とはいきませんね~^^;

とはいえ、25gは、ヤッタ!という感じでした。
これは、ぜひとも、親を超えてほしいですね。
って、親のサイズ70㎜なんだけどね(笑)

23gも良い感じに見えました。
長さがありました。

20gは一番体重が少ない割には、メタボっぽい印象です^^;
長さがないから、なお、そう感じるのでしょうね。

前回、前々回の交換分も含め、常温組♂は、しばしの常温管理の後、2本目は虫家で管理する予定です。
あくまで予定であって、スペースがなかったら、やっぱり2本目も常温管理になってしまいますが(笑)

と、PITの1400の在庫も残りわずかになってきました~(汗)
他にLEVIN-Gの1400は用意しすぎちゃって、けっこーな本数が余っているんですけどね^^;
このあと、交換予定の幼虫たちは、2本目にLEVIN-Gっていうのも、アリ!?かな(笑)

いや、いや、いや、やはり、残りの幼虫は、親が孵った菌床で羽化まで飼育という当初のテーマどおり、MGでの飼育に拘っていこうではないか!

せっかく、最初に自分で掲げたテーマですしね!^^

| DG80 70×48-Line | コメント(0)

パパっと、やりたいんだけど

先週到着したMGボトル。

1週間経過も、どうにも菌の回りが不十分。

こんなことなら、PITにしておけば良かったかな?と思う今日この頃(笑)

とは言っても、これも自分の発注タイミングの完全なミス。

こうしたことを予測して、もっと早めに発注していれば良かったって話です。

唯一の救いは、今月はじめに多めに注文していたPITボトルが余っていて、ここまで、ちょびちょびながら、交換できていることかな。

すべてのボトルを予定どおりに、一気に交換できないのはちょっとストレスですね^^;



今朝早く、DGの常温管理組で、幼虫がおはようさん!しているボトルを見つけ、1本だけ交換しました。






♂23g→2本目 P2・1400へ

飛び抜けて良い結果ではないのですが、常温組も思っていたほど悪くないな!なんて、思っちゃいました。

と、ボトル交換は今日はここまで!

| DG80 70×48-Line | コメント(0)

笑うしかない

日曜日に到着したMGが十分な状態になるまで待てず、2本だけ交換しちゃいました。
どちらも、7/1に初令投入したDG80系の幼虫です。

まずは、虫家内の食い上がっているボトルから。

ボトル半分くらいまで食いあがっています。



管理NO.1



♂21g→2本目 PIT1400ccへ



続いて、常温管理していたボトル。



このボトルは、ほとんど食痕が出ていませんでした。

管理NO.2



♂22g→2本目 PIT1400ccへ

なんと、1g差ですが、虫家管理より常温管理のほうが結果が良かった(笑)
これは、何と言うか、笑うしかありません。
俺の温度管理って、いったい何だったの!?(火暴)

と、気にとまったのが、この22gの幼虫のボトルの状態。
外見からは食痕がほとんどありませんでしたが、掘ってみると、



ボトルの中央にドーン!という感じで幼虫が居座っていました。
これは、なんか理想的な食い方なのかな?なんて思いました。
まぁ、それでも、結果は22gと、いたって普通幼虫なのですが^^:
でも、この幼虫は今までで一番頭幅や長さがある感じでしたので、2本目以降もこのような食べ方をしてくれれば、ちょっと期待できるかな!なーんて、思ってます。
自分的には要チェック幼虫です^^

2頭共、体色はまだ乳白色でしたので、2本目でもう少し伸びてほしいです。

| DG80 70×48-Line | コメント(0)

シルバーウィークはビン交換ウィーク

夕方、MG(マジカルギネス)を注文しました。

早ければ、日曜日あたりに到着すると思います。

MGは今シーズン、DG(ダイヤモンドゴールド)80系統の幼虫に主に使用しています。

理由はとてもシンプルで、親が孵った菌床だからです。

交換の開始は、来週のシルバーウィークの後半くらいからですかね。

1本目、80日~90日の投入期間です。

もちろん期待はしているんですが、ここまでの成績が悪いですからね~^^;

過剰な期待は禁物!と自分に言い聞かせています(笑)




とは言いつつも、やっぱり期待しちゃいますネ(・∀・)ニヤニヤ

| DG80 70×48-Line | コメント(0)

DG80系統 常温組

冷やし虫家、冷蔵庫改の庫内にスペースがない為、庫外にトバされた7月1日菌糸ビン1本目投入のDG80系統の一部の常温組。

ビン投入から5週間ちょっとが経過しました。
常温組は、室内でも一番温度が高くなるであろう天井に一番近い棚で管理しています。

床から天井まで約270㎝、一番上に置いている菌糸ビンは天井から約60cm、床から約210㎝の位置にあります。
位置が位置だけに、ビンの様子を確認するのにも椅子を使用しています(笑)
そんな環境なので、投入からここまで毎日の温度と手前のビンをたまに確認するくらいで、ほぼ放置状態にあります。


7月は雨続きで日照不足、気温も低く、まさに冷夏だった北海道。
8月に入り、今週火曜日から北海道にも待ちに待った夏日が到来!!
外気温もそれまでの最高気温22とかから26℃くらいまで上昇してきました。
中でも今日は天気予報によると、ここ数日で最高の28℃との予報。
その影響もあり、本日2時頃に棚の温度を確認してみたところ、28~9℃を計測、もうちょっとで30℃に迫るイキオイでした。

温度計がベビー用品なのは、ご愛嬌です(笑)

一応、何本か新聞紙をズラしてビンを確認してみましたけど、特に変化はありませんでした。
まぁ、この暑さも突発的なものなので、そんなスグにどうこう反応するものでもないでしょうけど。
夜になればいつもどおりの温度には落ち着くでしょう。
今、この記事を書いている夕方5時50分時点で、すでに1度は下がっていますからね。
しかし、その温度差がどう影響してくるかですね。
良いことはないだろうな~^^;

予想はしていましたが、常温管理組は恒温庫管理組に比べ、過酷な環境ですね。
でも、この常温組からも2本目交換時に立派な幼虫が出てくるミラクルを、しっかり期待している自分がいます(笑)

| DG80 70×48-Line | コメント(0)