FC2ブログ

最大幼虫の行方

6月はブログを毎日更新してみようかと、密かにプチ意気込んでいましたが、早くも初日で撃沈してしまった
やはり、自分には無理みたいです(笑)
 
さて、タイトルにある、うちで最大幼虫時最大体重33g、蛹体重25g体長73mmだった♂クンですが、羽化からほぼ1ヶ月経過しますし、ブログでも羽化までの経過を綴っておりましたので、今日はこの♂をアップします。
 
 

 
 
体長は80㎜に届かず、78㎜(アゴ先から上翅先端まで)です。
そして、ご覧のとおり、残念なことにお尻が出てしまっています。
胸部から上はとても綺麗に羽化しているだけに、惜しいです。
サイズはともかく、完品羽化してほしかったですね。くそ~
 
お尻が収まる経過(日数)には、特に注目して観察していましたが、10日を経過した時点で収まっておりませんでしたので、その時点で完品はあきらめていました。
どうやら、蛹の時の体重や全長は、完全にお腹にいってしまったようです。
 
そして、幼虫時最大体重はともかく、蛹体重、特に蛹の体長(全長)は、必ずしもそのまま羽化後の成虫の体長に反映してこないということが、この♂の羽化である程度言えるのではないでしょうか。
蛹の考察については、私もおじゃまさせていただいているブログ、マサレッドさんの考察が、とても的を射ていられて参考になります。
マサレッドさんの考察、検証を拝読して、とても理にかなっており、なるほど!と思いました。
自分も来年からはその部分に着目して、蛹をみていきたいと思います。
 
なんにしても、この♂には羽化までの期間、たいへんワクワクさせてもらいましたし、夢をみせてもらいましたね。きっと、私に気を使ってくれたのでしょう(笑)
そして、いい経験、今後の参考にもなりました。
感謝しています
 
 

| 川西産 77×50-Line | コメント(0)

はじまった!! 追加画像アリ

1日2連続投稿です
 
昨日、お伝えした羽化がはじまりました


 

 
 
上翅は無事に閉じているようで、ここまでは順調なようです。
 
さて、この後どうなるか!?
 
今夜は気になって、
    眠れねー!!
                 って、気分なんですが、
 
今日は疲れたので、もうチョットしたら、たぶん寝ます

 
 
 
 
追記:10日(月) pm14:51
 

 
現時点で、上翅左側にピンホールを1コ確認できますが、まずまず無事に羽化完了してくれたようです。
あとは、お尻が無事に上翅におさまってくれると良いのですが。
 
第一印象では、正直なところ、80UPあるようには見えないんだよね…。
 
 
追記:12日(水) pm16:22

2日前にくらべ、だいぶお尻もおさまってきました。

| 川西産 77×50-Line | コメント(0)

♀はクリア (*`▼´*)b オッケィ

先日、羽化真っ最中だった現場動画UPした♀を計測した
 

               川西産 77×50 管理NO.2
               2009.6/25 1本目 PB800
                    9/4   2本目 PIT800ボトル詰め替え 13g
               2010.1/26 3本目       〃         14g 
                    4/10 羽化     備考 蛹サイズ 55.9ミリ
 
画像は3日前に撮影したものだが、尻も上翅に納まり、キレイに羽化してくれた
サイズは現時点で51ミリ。
このあと、若干縮みがあるとしても、50ミリはキープできるのではないかと思う。切に願う(笑)
 
この♀、蛹サイズで55.9ミリあったので、正直、もうちょっと大きく羽化するだろうと予想、期待していた(笑)
5㍉も小さく羽化してきたのには、少々ビックリしてしまった
 
でも、
まずは、昨年、自分で掲げていた目標の、
♂80ミリ、♀50ミリ越え
ひとつクリアできて、
素直に嬉しい
 
ヨカッタ、ヨカッタ


 

| 川西産 77×50-Line | コメント(0)

ギャンブル

今月6日に蛹化した幼虫時最大体重33g人工蛹室に移しました。
 
以前の記事で紹介したとおり、この個体はボトル中央、べスポジといえる場所に蛹室を作っていました。
 
当初はそのまま、自分の作った蛹室で自然に羽化させよう計画していました。
しかし、私の心配のしすぎなのかもしれませんが、蛹室が小さく思えてきたんです。
 
もしかしたら、いや、たぶん、人工蛹室に移さずにそのまま自然な状態で羽化させても、大丈夫だったのかもしれません。
 
また、人工蛹室に移したからといって、100%安心とも思ってはおりません。
 
しかし、いろんな意味で、後になってから、なるべく後悔はしたくないので、思い切って人工蛹室に移したわけです。
 
まぁ、自分がベストと思える選択をしたわけですし、
仮に、これで羽化不全、最悪のケース★になったとしても、後悔はありません
 
ちょっとカッコつけて言えば、
僕は僕なりに『最後の最後までマイベストと尽くした』
わけですから^^
 
 
はい、とゆーわけで、掘り出した蛹は、↓の人工蛹室に移しました。

 
ご存知、1400ccのクリアボトルに装着するタイプです。
先日、ケースやマットを購入した際に、2コ一緒に購入しておきました。
これを選択した理由…。
 
ただ単に、なんかオオクワブリーダーっぽくって、カッコイイなぁ!と思ったから(爆)
 
 
さぁ、ではでは、掘り出した蛹の画像いきます!
一応、今後の参考のため、蛹の体重と体長は計測しました!
では、いってみよー!
 
まずは、体重から。

 
 
次に、体長

 
画像のとおり、
体重25g体長73㎜でした。
しかし、あくまで、これは蛹化して9日目の数値ですから、
この後、若干の変化(体重減少、体長の縮み)もあると考えられます。
 
これまた、あくまで、一つの目安としてなのですが、
3月に羽化した73㎜の♂が、蛹時の体重17g、体長63㎜
蛹サイズ→羽化サイズで、10ミリの伸びがありました。
 
個体差もあると思いますので、まったく同じようにいくとは思ってませんが、今回の個体…あわよくば、目標の大台を期待できるかもしれません
もちろん、不全なく、無事に羽化するということが大前提ですが。
 
まぁ、妄想を膨らませるとキリがありませんので、このへんで(笑)
 
 
個体は無事に人工蛹室に移動しました。

 
あとは、羽化まで、そっとしつつも、毎日チェックで(笑)
運を天にまかせるだけです
 
 
 
追記:16日 PM12:17
 
昨日、人工蛹室に移した蛹ですが、元の蛹室に戻しました。

今回の再移動、いつもお世話になっている○○○○さんから、
ある部分についてのご指摘、注意点、アドバイスをいただき、
改めて、その点について再確認、再考察した結果の移動です。
 
今回、ご指摘をいただいて、大変重大な点に気づくことができました。
そして、自分の浅はかさには、ただただ恥ずかしくなるばかりです^^;
元の蛹室も、先に心配していたほど狭くもなく、幸いにも、キレイに発掘、残していたこともあって、無事に再移動完了です。
大変勉強になりました!
○○○○さん、アドバイスありがとうございました!
 
これで、今度こそ、あとはそっとしておくだけです^^

| 川西産 77×50-Line | コメント(0)

決意新たに

先日の交換記事で、♀だと思い管理していた幼虫が♂だったことで、同ラインの16g♀2頭のことが、ちょっと心配になり、予定にはなかったのですが、その内の1頭を一昨日交換してみました。

管理NO.12 9/24 16g→2本目P800



こちらは、まちがいのない、正真正銘の♀でした。
心配して、ちょっとだけ損した(笑)
㌘数に関しては、伸びはなかったが、ダイエットもなかった。
私は♀のサイズに関しては、♂ほど執着して狙ってはいないんです。
♀のサイズについては、先日、ブログ友のともさんも記事にされていましたが、私も同感です。
※理由とそう考えるようになったキッカケは、たぶん?ともさんと一緒^^

しかし、この♀幼虫をみて、ちょっと欲が出てきました。
結果どうなるかは当然予想もつかないですが、♀マイギネスを狙ってみます。


話はかわり、今日の午後、ドルビーさんからPITとMAXIM-Nが届きました。
早速、届いた箱からブロックを取り出し、室温に慣す。
MAXIM-NはPP1400ボトルに移し替えた。



今回、PITのブロックは初めて詰めるのですが、それにあたり、ブログで仲良くしていただいているラダ夫さんに習い、ドルビーのⅠさんにラストビンのレシピについて相談させていただきました。
私は、今回ブナ粗めのみを選択しました。
明日にでも詰めようと思ってます。


そーそー、そーいえば、この話は黙っておこうかと思っていましたが。。。
やっぱり言わせてください(笑)

なんと!

ドルビーさんのHPに!!


掲載していただいちゃいましたーーー!!! ( ̄∀ ̄*)ゞエヘヘ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓
http://www.dorbee.com/topics/topics.cgi
皆さんすでにご存知かと思いますが、↑には、これまたブログで仲良くしていただいているKIYOさんも載っていらっしゃいます♪

これは、大変励みになります。
Iさんも書いてくださっているように、ここからがテクニックのいるところ!
かなりの難関だと思います。
テクニックがない分、そこは情熱でカバーして、無事に羽化、そして、自分の今シーズンの目標でもある80ミリオーバーの達成を目指して、頑張ります!


と、話はまたまた戻り、詰めるといえば、例のプレスマシン!
今回は、前回までのプレスマシンの使い方に、一味、技を加えてボトル詰めしてみようと思ってます!
これまた、ともさんに教えていただいた、深イイ話(深イイ詰め方)を実践してみます!←フフフ、意味深でしょう?(火暴)

前回までの楽!に加え、今回、より確実に!がコンセプトです!

| 川西産 77×50-Line | コメント(0)